主婦のキャッシング

家庭内でこそ急にお金が必要になる事態は発生します。
親族の冠婚葬祭や、子どもの教育費用など普段から節約していても急な出費は財布に大きな打撃を与えます。
急な出費のときこそ利用して欲しいのがキャッシング。
しかし、収入がない専業主婦であってもキャッシングは利用できるのでしょうか。

まず貸金業者からお金を借りる場合、借入した総額が年収の三分の一を超えてはならないと貸金業法で定められています。
つまり年収がゼロの人は貸金業者からお金を借りることができないのです。
この規制のことを総量規制といいます。
一方で一定の収入さえあれば、パートやアルバイトであっても借入は可能です。
基本的に貸金業法では消費者を保護する目的で、返済が難しいと考えられる人への貸付を制限しています。
ただし、これは貸金業者が貸した場合。
銀行が貸すお金には総量規制は適用されません。
銀行からキャッシングであれば総量規制の制限を受けることなくキャッシングすることができます。
これは専業主婦でなくても同じなので、総量規制以上の借入を希望するのであれば銀行でのキャッシングを検討しましょう。

銀行でのキャッシングは他の消費者金融系のキャッシングやクレジットカードなどの信販系キャッシングよりも審査に時間がかかる傾向があります。
前もって出費がわかっているのであれば、できるだけ余裕を持ってキャッシングの相談をするようにしましょう。
このサイトではさらに主婦のキャッシングの役に立つ情報をまとめています。